どらんち

doradoran.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 26日

坂の上の雲

秋山好古は「日本騎兵の父」と呼ばれています。
それは、彼の日露戦争の功績からです。
日露戦争では騎兵第一旅団長(第二軍)として出征、緒戦から偵察、側面援護と力戦し、
当時世界最強と呼ばれたロシアのコサック騎兵の突撃を阻止します。
d0187357_681093.jpg



その後、ロシア第ニ軍主力軍10万人が全力をあげ反撃をしてくるのですが、
秋山好古はわずか8千人で死守するという鉄壁さをみせるのです。
「日露戦争の最大の危機」といわれたこの戦いを勝利に導いたのでした。
d0187357_613207.jpg



弟である秋山真之、兄の指導のもと海軍に入隊します。
日本海軍史上きっての戦略家といわれ、
日本海海戦では参謀としてすべての作戦の指令を行ったのです。
d0187357_6214091.jpg




世界最大の軍事力を持つロシア帝国の中にあって、海軍はまた別格の規模と強さを誇示していました。
そのバルチック艦隊の大半を失わせたが、
日本艦隊は損失は軽微という海戦史上まれな一方的勝利となり、ロシア帝国は敗戦に追い込まれたのです。
d0187357_6304549.jpg




ロシア海軍は日露戦争開戦時に日本海軍の3倍近い戦力を保有していたが、日本に勝つことができませんでした。
このことは、世界を驚愕させるとことになります。
d0187357_6362677.jpg




51歳の若さでこの世を去りますが、最後に残した言葉はからも、秋山真之には先見の目があったようです。
これからの戦争は飛行機と潜水艦の時代になる。
だから諸君は、飛行機と潜水艦の研究をされたい。
それからアメリカと事を構えると日d0187357_644244.jpg本は苦境に追い込まれる。
[PR]

by dora3000 | 2012-04-26 06:45


<< 阪急電車京都線の春      坂の上の洋館 >>