どらんち

doradoran.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 30日

長岡天満宮と錦水亭

京都郊外の長岡京市は、奈良の平城京から京都の平安京に移る間の10年の間、都がありました。
d0187357_2271331.jpg





長岡天満宮の御鎮座地長岡は、菅原道真公が御生前に在原業平らと共に、 しばしば遊んで詩歌管弦を楽しまれた縁深いところであります。
d0187357_2294025.jpg





(1638)には八条宮智仁親王によって「八条が池」が築造されました。中堤両側に樹齢百数十年のきりしまつつじが多数植えられており、その見事さは我が国随一と言われ、花の季節には多くの観光客で賑わいます。
d0187357_22174989.jpg





その八条が池に突き出して、明治14年に建てられた大小数寄屋づくりのお座敷が政府登録観光旅館錦水亭です。
d0187357_22224488.jpg





d0187357_22242427.jpgこの前、写真仲間とこちらの竹御前3500円をいただきました。筍の天ぷらが柔らかくてとても美味しかったです。













湖面に建てられているので、風が吹くと揺れます。でも、舟に乗って食事をしているようで風情がありました。
d0187357_2229622.jpg





利用客だけが見る事のできる、本館の庭の紅葉です。
d0187357_22305586.jpg

[PR]

by dora3000 | 2010-11-30 22:31


<< 夏の忘れ物      なのにあなたは京都へ >>