どらんち

doradoran.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 23日

紅に染まる秋の善峯寺

周辺の山々も落葉樹に覆われて、まるで紅葉に埋もれるようにしてお堂が点在する様子は、京都屈指の美しさです。
また、西国三十三箇所第20番札所でもあります。
交通の便は不便ですが、一度は訪れてみる値打ちのあるお寺だと思います。
d0187357_23502171.jpg





野をもすぎ 山路にむかふ 雨の空 
善峯よりも 晴るる夕立
こんなご詠歌がありますが、イマイチ意味がわかりませんf(^^;) ポリポリ
d0187357_23575953.jpg





応仁の乱に巻き込まれて被害にあった寺を、江戸時代に桂昌院が復興再建させたとあります。
d0187357_014810.jpg





d0187357_034442.jpg
多宝塔の前には、「遊龍の松」と呼ばれる樹齢600年の五葉松があり、全長およそ40メートルの枝を龍のように這わせ伸ばしています。




また、多宝塔の周りの紅葉も美しく、春には枝垂桜が花を咲かせます。
d0187357_051821.jpg





この他に、鐘楼、護摩堂、経堂、、開山堂、寺宝館、桂昌院廟、十三仏堂、釈迦堂、阿弥陀堂、薬師堂、青蓮院宮墓地などがあります。
雲一つない吸い込まれそうな青空に真っ赤な紅葉が痛いくらい目に焼きつきました。
d0187357_07113.jpg

[PR]

by dora3000 | 2010-11-23 00:11


<< 青い空に真っ赤なもみじ      雲海と紅葉 >>