どらんち

doradoran.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 29日

御薬園(オヤクエン)

d0187357_17395674.jpg朝の3時に京都大山崎IC入り口のコンビニに集合。
そこからこうちゃんの車に乗って長い東北の旅が始まった。
最初の目的地は会津若松、約660kmの運行だ。
途中、北陸道金沢の手前、尼御前SAで朝食を摂る。
こりゃ、朝から食べる
メニューちゃうね(*-∀-)ゞ

d0187357_17453891.jpg予約の時から、
先にホテルに車と荷物を置かせてもらえるよう頼んでおいた。
AM10時50分到着。













d0187357_17474034.jpgd0187357_1748552.jpg
会津若松駅はすぐ近く。
徒歩で駅前へ行き、周遊バスに乗る。
勝手の分からない街でウロウロするより、
その方が良いと思ったからだ。
ところが、ガレージ代も無料がほとんどで、
そのまま自家用で周った方が良いことがわっかった。
最初に鶴ヶ城に行き、御城を出て昼食を摂った。









d0187357_17581872.jpgd0187357_17591914.jpg
お城を出たところの蕎麦屋に入る。
福島はやっぱり御蕎麦が美味しいからな
などと、知ったかぶりをして、
蕎麦とソースカツ丼セットを頼む。
(〟-_・)ン?
出てきたのは、ラーメン?
あれ?福島ではラーメンを蕎麦というのか。
写真を見れば支那そばと書いてありますね(笑)
しかし、我々はずっと勘違いしたままで旅行を続けた。
ソースカツ丼、
酸味があり生まれて初めて口にする味だった。







周遊バスに乗り御薬園に向かった。
霊泉湧く心字の池に四季折々の彩りと会津の歴史を映し出す歴代藩主が愛した庭園。
室町時代に葦名盛久が霊泉の湧きだしたこの地に別荘を建てたのがはじまりと言われています。昭和7年に徳川時代の代表的な大名型山水庭園として国の名勝に指定されました。中央に心字の池を配した回遊式の借景園と、各種薬草を栽培する薬草園が御薬園の名前の由来です。四季折々に花が咲き誇り、歴代の藩主が愛した庭園の風情を深めてくれます。
御薬園でしか味わえない秘伝の薬草茶で日頃の疲れを癒してください。また、秩父宮妃勢津子妃殿下ゆかりの重陽閣では勢津子妃殿下が好まれた紅茶と復刻したお気に入りのデザートもお楽しみいただけます。

知らんかった(-д`-ll)ボソ

d0187357_18125446.jpg
d0187357_18131271.jpg
d0187357_18132062.jpg
d0187357_18135760.jpg
d0187357_18135817.jpg
d0187357_18142578.jpg
d0187357_18142943.jpg

[PR]

by dora3000 | 2013-05-29 18:18
2013年 05月 28日

裏磐梯五色沼

五色沼は、正式には五色沼湖沼群とよばれ、毘沙門沼、赤沼、みどろ沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼などのいくつかの沼で構成されています。
片道普通に歩けば約1時間の平らなハイキングコース。
私たちは、写真を撮りもって進むので、倍の2時間はかかりました・
歩き始めから、5月とは思えない冷たい雨が振ったりやんだりで、条件は最悪。
もし快晴だったら、沼の色がどれだけきれいだったのだろうかと悔やまれます。
五色沼は実にさまざまな青色を見せてくれます。その中の一つの沼はアシの根元に、酸化鉄の沈殿物が付着し赤みがかってるものもあり、赤沼と呼ばれます。 五色沼の水の色は、水中の微粒子の大きさによります。例えば、大きな微粒子ですと、光のスペクトルが含まれています。アロフェンは主としてアルミニウムや珪酸などからできています。アロフェンは強酸性の水では形成されません。磐梯山の噴火口から五色沼へ流れ出る酸性の水は温泉のアルカリ成分によって中和されます。青沼、瑠璃沼、弁天沼、竜沼、みどろ沼や毘沙門沼はアロフェンのために青白色しています。
反対側まで歩いくと、バスやタクシーがあります。
私たちは、タクシーに乗り元の場所に戻りましたが1470円ほどでした。

d0187357_146918.jpg
d0187357_1462819.jpg
d0187357_146393.jpg
d0187357_147319.jpg
d0187357_1471446.jpg

[PR]

by dora3000 | 2013-05-28 14:11
2013年 05月 13日

八津・鎌足 かたくり群生地

本当は青森でカタクリを撮る予定でした。
しかし、桜同様に異常な遅れで11日からしか開かないことに。
仕方がないので諦めかけていたのですが、
ふと、秋田にカタクリの日本一の場所があることを思い出して、ネットで調べて電話してみました。
今が満開だと言う返事を聞いて大喜び。
実は、電話に出た爺さんが方言で話すのであまりよく分からなかったんですけど(笑)
ちょうど田沢湖~角館へ行く予定だったので、急遽寄ることにしました。
カタクリは地元では「カタッコ」「カタンコ」と呼ばれるユリ科の多年草。
特産の西明寺栗を栽培する栗林に自生しており、
その規模は20ヘクタール(東京ドーム4.2個分)にも及びます。
これほどまでに群生した理由としては、栗の木の剪定や間伐により日当たりが良くなり、
また徹底した肥培管理で堆肥が群生に適した栄養分になっているためと思われます。
カタクリが発芽してから開花するまでには約8年かかり、また種子はアリによって運ばれます。
15ほどある群生地の間は、長くて900mほどですが全部車で周れます。
それぞれに駐車スペースがあるので、歩くのはカタクリの中だけです。
関西で見るカタクリより、小振りに感じました。
カタクリを撮る為に買っていった携帯用の小さな椅子が役にたち、
どかっと座って心行くまで写していたら、雨が降り出してきて残念ながら退散した次第です。

d0187357_16205574.jpg
d0187357_16214210.jpg
d0187357_1622246.jpg
d0187357_16223770.jpg
d0187357_162321.jpg
d0187357_1623221.jpg
d0187357_16234268.jpg
d0187357_1624291.jpg
d0187357_16242616.jpg
d0187357_16244681.jpg
d0187357_1625365.jpg
d0187357_16251861.jpg
d0187357_16253439.jpg
d0187357_16255181.jpg
d0187357_16261245.jpg
d0187357_16265598.jpg
d0187357_16271189.jpg
d0187357_16272450.jpg
d0187357_16274653.jpg
d0187357_1628599.jpg

[PR]

by dora3000 | 2013-05-13 16:31
2013年 05月 08日

弘前城の桜

5月1日の午前2時50分に家を出発して、5月8日の午前2時に帰宅。
約一週間、車で東北地方に行ってきました。
一番の目的は、コミュの全国写遊会青森撮影会です。
本州の北の端まで行くのに、そこだけではもったいない気がして、
車で、会津若松、猪苗代湖、裏磐梯、仙台、盛岡、小岩井、秋田のカタクリと水芭蕉群生地、
そして角館と周ってきました。
ここまで長い国内旅行は、初めての経験です。
たくさんの思いでを作ることができました。
その思い出に協力いただいた写遊会の皆さん、
また、各地の情報を教えていただいた方々ありがとうございました。


さて、第一の目的地弘前城の桜、私が行った5月4日は5分咲き。
それでもこの迫力と美しさはを見れば、日本一のいわれが分かります。

d0187357_1952447.jpg
d0187357_19522190.jpg
d0187357_19522411.jpg
d0187357_1953022.jpg
d0187357_1953438.jpg
d0187357_19535092.jpg
d0187357_19535244.jpg
d0187357_195496.jpg
d0187357_19541421.jpg

[PR]

by dora3000 | 2013-05-08 19:55